はこにわ相聞歌

アクセスカウンタ

zoom RSS 題詠2009鑑賞〜西中眞二郎さんの歌

<<   作成日時 : 2009/09/05 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

西中眞二郎さんの歌より。


008:飾    
夜となれば電飾の点く街路樹が枯木の如くただ立ちている


023:シャツ
新しきシャツ着る肌に冷たさがしみ通り来て秋深まりぬ


047:警
花の写真猥褻物とて押収す植物国の警察署長


074:肩
肩甲骨左右に順次上下して夏の母親乳母車押す


090:長
ふるさとは今は蜜柑の花盛りと来賓祝辞の町長語る



日常生活での、ふとした気づきの情景のお歌にハッとさせられました。
イルミネーションは、木々が美しいと思っていたけど、実は…な008:飾。ふいに季節を感じる瞬間を切り取った023:シャツ。
そして、紋切り型の祝辞を聞くつもりのビジネスモードで、ふいにふるさとの話が出てきたために、その情景に思いを馳せる090:長。
また、おもしろかったのが047:警。美と性(または芸術と性)の紙一重の論争は昔からあるもの。それをまるで童話のように詠んだ、その見せ方に魅かれました。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お取り上げ下さってありがとうございます。「警」は、あるSFからヒントを得たふざけた歌ですが、お目に留まったことを喜んでおります。
西中眞二郎
2009/11/02 10:37
こちらこそコメントまでつけていただきありがとうございます。
「警」のお歌自体に物語を感じたのですが、そのような背景があったのですね!
百首、共感を持ちつつ読ませていただきました。
また、百人一首も楽しみにしております。
ラストスパート頑張ってください。
こうめ
2009/11/16 16:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
題詠2009鑑賞〜西中眞二郎さんの歌  はこにわ相聞歌 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる